歴史について

相撲ののぼり

日本で横断幕が使われ始めたのはとても古い時代です。
近代では広告や応援などに使われていますが、過去には信仰などに旗が使われたり、軍旗としてのぼりが使われたり、古い書物には旗についての沢山の記述があります。

室町時代には、旗はのぼりのような形で武士の敵味方を区別する印として使われました。
この形状は現代ののぼりでも使用されています。
一本の棒に横棒を添えてのぼりの上部を横棒に縛り下の部分をはためかせます。
現代の5月人形になっている桃太郎は横断幕を背負っています。 Read more

制作してくれる企業

氷の旗

のぼりや旗、横断幕等の制作を行ってくれる企業は、一般的には印刷業者が担当しています。
こののぼりや旗や横断幕等の製品を企業の宣伝などの為に利用するとなると、まずは発注を行う事が必要となる訳ですが、こうしたサービスを利用する場合には、のぼりや旗の専門店という物も存在するので、専門店を利用するという手段もあります。

印刷を全面的に行っている企業いに依頼をするのか、のぼりや旗等を専門的に取り扱っている店舗を利用するのかという事柄については自由なので、サービス内容や価格を比較し、より注文者側が納得できる企業に依頼を行うのが良いでしょう。 Read more

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031